JaSMIn

先天代謝異常症患者登録制度

Japan Registration System for Metabolic & Inherited Deseases

JaSMInの取り組み内容

JaSMIn登録情報を利用した研究及び
その他の最新情報についてお伝えします。

文字サイズ

患者登録

registration

お問い合わせ

contact

JaSMIn特別記事

Special article

JaSMIn通信特別記事No.31

作成日:2019.06.03

シトリン欠損症について   仙台市立病院小児科 大浦 敏博   1. はじめに  「シトリン欠損症」とは主に肝臓に存在するシトリンというタンパク質が作られない(欠損する)病気です。シトリンが欠損すると一部の代謝機能が正常に働かなくなり、エネルギー産生やタンパク合成などに障害をきたし、様々な症状が出現します。  シト...
続きを読む

JaSMIn通信特別記事No.30

作成日:2019.05.07

ファブリー病患者さんの生活の質について   大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 生命育成看護科学講座成育小児科学 古藤 雄大、酒井 規夫    はじめまして。私は大阪大学大学院で博士後期課程に所属しています、古藤雄大と申します。代謝疾患専門の酒井規夫先生の教室で研究しています。私は看護師ですので、これまで特別記事でお話し...
続きを読む

JaSMIn通信特別記事No.29

作成日:2019.04.10

CPT2(カルニチンパルミトイル転換酵素2)欠損症   帝京平成大学健康医療スポーツ学部 高柳 正樹   病気の成り立ち  脂肪は人がエネルギーを作り出す材料として非常に重要な物質です。たとえば、北海道で行方不明になった7歳の子どもが7日間以上水だけ飲んでいたにもかかわらず、無事生還した事件がありましたよね。これも体内に蓄積し...
続きを読む

JaSMIn通信特別記事No.28

作成日:2019.03.05

ミトコンドリア病新規治療薬の現状   埼玉医科大学小児科・ゲノム医療科・難病センター 大竹 明   はじめに  ミトコンドリアはほとんど全ての細胞に存在する細胞内小器官で、その最大の役割はエネルギー(ATP)を作ることです。ミトコンドリアの働きが低下することが原因で起こる病気を総称してミトコンドリア病と呼びますが、その頻度は...
続きを読む

JaSMIn通信特別記事No.27

作成日:2019.01.16

先天代謝異常症の病態のより良い理解にむけて   川崎医科大学 病態代謝学 大友 孝信   1.はじめに  私は小児科医として診療に携わってまいりましたが、中でも先天代謝異常症のライソゾーム病に興味を持ち現在研究を行っています。ライソゾーム病の治療法としては、ライソゾーム酵素を点滴で補充する「酵素補充療法」、蓄積する物質...
続きを読む

JaSMIn通信特別記事No.26

作成日:2018.12.18

尿素サイクル異常症の治療の変遷と今後の展望について   熊本大学大学院 生命科学研究部 小児科学分野 松本志郎   1.はじめに  最近、県内外からセカンドオピニオンなどで来院される尿素サイクル異常症の患者様から治療薬について説明を求められることが増えました。薬の種類が増えて、患者様の選択肢が増えている証拠かと思います...
続きを読む