訪問者数 115896

最新研究情報

研究状況

2017年4月10日
JaSMIn通信特別記事No.5

フェニルケトン尿症の新しい治療薬(ビオプテン®)の 最近の状況について   大阪市立大学 大学院医学研究科 発達小児医学分野 新宅 治夫   はじめに  2008年7月にビオプテン®(塩酸サプロプテリン/Sap…

2017年3月2日
JaSMIn通信特別記事No.4

患者さんに寄り添うこと 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 成育小児科学酒井 規夫  先週金曜日はプレミアムフライデーと称して、勤務時間を短縮して且つお金を使って景気をよくしましょう、みたいなキャッチコピーに踊っている…

2017年2月7日
JaSMIn通信特別記事No.3

カーバグル®の日本における承認にさいして 帝京平成大学地域医療学部看護学科高柳 正樹   はじめに 平成28年9月28日にカーバグル®(カルグルミン酸/N-carbamoyl-L-glutamic acid)が…

2017年1月5日
JaSMIn通信特別記事No.2

ミトコンドリア病の診断と治療 埼玉医科大学 小児科大竹 明   はじめに ミトコンドリアはほとんど全ての細胞に存在する細胞内小器官で、その最大の役割はエネルギー(ATP)を作ることです。これに関わるのがミトコン…

2016年12月6日
JaSMIn通信特別記事No.1

ムコ多糖症:治療の進歩と今後の課題 国立成育医療研究センター 臨床検査部長/ライソゾーム病センター長 奥山 虎之   1.ムコ多糖症とは ムコ多糖症は、ライソゾームという細胞器官の中にある“ムコ多糖”という物質…

2016年7月27日
先天代謝異常症の子どもを持つ家庭のエンパワメント研究

研究実施施設:埼玉県立小児医療センター、筑波大学                       研究代表者:窪田満(国立成育医療研究センター)   本研究は、先天代謝異常症のお子さんを育てる家族のエンパワメントに…

2016年7月6日
ムコ多糖症II型の中枢神経症状に対する新規治療法の開発

研究実施施設:国立成育医療研究センター、大阪市立大学附属病院                 研究代表者:奥山虎之(国立成育医療研究センター)   ムコ多糖症II型の中枢神経症状に対する新規治療法の開発として、…

1 / 11